ホーム 売買物件 売主代理物件 社員レポート 投資の鉄人 購入体験談 Q&A 会社概要 スタッフ リンク集

札幌不動産投資情報、札幌市の投資用中古マンション・アパート、収益物件はマンション投資の鉄人にお任せ。ワンルームからファミリータイプまで高利回り不動産情報が満載。アパート・マンション投資体験など不動産投資・収益専門サイトです。宅地建物取引士・マンション管理士・管理業務主任者など国家資格保有者が多数在籍しております。

マンション投資の鉄人
求む!売マンション大募集!
マンション購入ローン情報
マンション特別無料相談実施中!
電話:011-513-0007
フリーダイヤル:0120-015510(携帯可)
Eメール:info2@ms-tetsujin.com
〒064-0809
札幌市中央区南9条西4丁目1-12
中島公園ステーションプラザ
アクセスマップ→

【営業時間】 9:15〜19:00 日曜日を定休日とさせていただきます。祝日は営業しております。




「求める人と求められる人」 マンション管理士 遠藤
 
 専門職が働く現場では、雇用する側の意識が変わってきているというニュースをみた。

 たとえば飲食店。「ふぐ」を扱うには「ふぐ職人」を雇わなければならない。毒のある魚を調理するのだから、専門知識と熟練の技が不可欠だろう。
 ふぐ店の経営者は職人がいるおかげで店の信用も成り立つし、お客様にも満足してもらえるのだ。

 経営者は職人に高給を支払い、他にも修行中の見習、洗い場、ホール係、レジ係など多数のスタッフを抱えているので人件費は相当かかっている。おまけに年々スタッフの質や定着率が悪くなってきており、社員教育にも気を抜けないという日々。

 言われたことだけでもやってくれるフリーターがいればまだマシなのだが、近頃はこれさえまともにできない人が多くて困っている。

 そこで、効率よく営業するためには、フグもさばけるし、洗いものもできる親方がいて、ホールもできればレジも打てる女将さんがいればいいのだ。小さな飲食店では当たり前のことを、大手でも現場にどんどんスキルのある人を導入して、よりプロフェッショナルな環境にしようという動きがでてきているという。高齢化とともに少数精鋭に移行していくのだろうか。

 とはいっても職人はプライドが高いから専門外のことはやりたがらない。専門外のこともちゃんとできる専門職こそが、今後求められる人材なのだと思う。
 
社員レポートページに戻る このページのトップへ

投資用売買物件・収益物件の検索へ
売買物件リクエスト
資料請求・お問い合わせ
売買契約の流れ
アクセス数:
3858269

株式会社アパマンPLAZA
〒064-0809 札幌市中央区南9条西4丁目1−12
TEL:011-513-0007 FAX:011-513-7778
フリーダイヤル:0120-015510(携帯可)
info2@ms-tetsujin.com

国家資格名 人数
宅地建物取引士 11名
マンション管理士 4名
管理業務主任者 5名
 

採用情報 ただいま当社では新規に社員を募集しております。


アパマンプラザ札幌賃貸プラザマンション投資の鉄人札幌不動産管理プラザ札幌マンスリーマンションプラザ札幌賃貸アパートマンション情報札幌家具付きマンションAvenue札幌マンション学生賃貸square札幌中古マンションnet札幌インテリア